あるカードローンに申し込んで審査に落ちてしまった時、「他社に申し込めばいいや」と気軽に考えていませんか?審査に落ちた理由を分析しないまま闇雲にあちこち申し込んでも、次もやはり審査落ちする可能性が高いです。次の申し込みの前に、まずは審査落ちの原因を考えてみましょう。

カードローン審査項目 安定かつ継続した収入

過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っているとか、総量規制を超えるほどの金額で申し込んだなどの場合、申し込んでも審査に通ることはほぼありません。以上は基本のチェック項目として、そうでないのに審査に落ちる時はご自身の収入を考えてみましょう。

銀行でも消費者金融でも、安定した継続的な収入があることを重視しています。ポイントは「安定」と「継続」であり、収入金額の大小ではないことに注意しましょう。実際、どのカードローンも収入金額を申し込み条件に入れているところはありません。

たまたま1回だけ月収100万円を超えたなどというより、たとえ年収200万円でも毎月決まった収入があることが重要です。ですので、アルバイトやパートでも月々安定した収入があれば審査に通りやすくなります。

カードローン審査項目 勤続年数の長さ

同じ職場に長く勤めているほどカードローンの審査に通りやすくなります。逆に、正社員でも勤め始めたその月に申し込むと、勤続年数の短さがネックになって審査落ちすることがあるのです。

消費者金融は銀行ほど勤続年数に重きを置いているわけではありませんが、勤続年数が短くて、かつ、収入も低いなどとなると、総合的な評価で審査に落ちる可能性が高くなってしまうでしょう。できれば半年から1年ぐらいは同じ職場に勤めてから、カードローンに申し込んだ方が安心です。

カードローン審査項目 申し込む金額の適切さ

同じ職場に一定期間勤めており、収入も安定しているとしても、申し込む金額があまりに高いと審査に通りにくくなってしまいます。カードローンの審査はその人の返済能力を判断するためのものですから、あまり高い金額を申し込むと、自分で自分の能力がわかっていないとも思われかねません。

年収の3分の1以上を貸し付けてはいけない総量規制という法律が消費者金融には適用されますが、それ以下なら必ず貸してくれるわけではないことを覚えておきましょう。年収300万円の人が100万円近く借金を申し込んでもまず通らないということです。最初は年収の10分の1以下、できれば10万円程度の少額から申し込んだ方が、審査に通りやすくなります。

このページの先頭へ