保証会社が代わりに弁済するもの

銀行カードローンで、代位弁済という用語が使われることがあります。この言葉の意味は、銀行のカードローンには、保証会社がついています。保証会社はいわばお金を借りた人の保証人の役割をするものです。

銀行の保証会社には、消費者金融や信販会社がついています。保証会社が審査をして融資して良いか悪いかを判断していると言ってもいいでしょう。そして万が一ですが、債務者が返済不能になった時に銀行に保証会社が弁済しますが、これを代位弁済と言います。

代位弁済された債権はどうなるの?

A銀行の保証会社がBという消費者金融だったとします。債務者の返済が遅れ、BがAに残債を代位弁済しました。A銀行は債権がすべて回収されたのでそれで良しとなりますが、債務者は返済義務が残っています。

今まではA銀行が債権者でしたが、代位弁済後はBが債権者になり、Bから返済せよと通知が届くことになるのです。もちろんカードローンの利用はできなくなります。返済は本来なら一括で支払ってもらうものなのですが、債権者との話し合いで分割にて返済していくケースが多いでしょう。

どれくらい返済を滞納したら代位弁済になる?

支払いが1か月遅れた程度では代位弁済にはなりません。考えられるのは、3か月以上滞納し、さらに支払いの催促があっても無視しているような状態です。こんなことにならないよう、支払いが厳しくなってきた場合は金融機関に相談しましょう。

返済方法の変更や見直しを検討してくれることがあります。

このページの先頭へ