消費者金融の審査に落ちた理由はわかる?

急にお金が必要になり、消費者金融でカードローンの申し込みをしたところ審査で落ちてしまい、お金が借りられなかった場合、審査に落ちた理由は詳しく教えてもらえるのでしょうか。銀行や消費者金融、信販会社でも、審査の結果で不可となった理由は教えてもらえません。

いくら本人が理由を教えて欲しいと食い下がっても教えてはもらえません。しかし、審査に落ちる理由がわからないと、他のところに申し込んでも結果は同じです。明確な理由はわからなくても、もしかしたらこれかもという目途をつけておくだけでも違います。

消費者金融の審査に落ちる理由で考えられること

審査基準は金融機関によって微妙に違いがあります。基本的な審査はどこも同じようなことをしますが、金融機関によって基準を設けている項目もあり、ある消費者金融ではダメだったのに、別の消費者金融にしたら通ったということも稀にあるのです。

審査に落ちる理由で考えられることをいくつか挙げてみると、まず属性(年収、勤務先、勤続年数、年齢、居住形態など)が基準に満たなかったことが考えられます。安定した収入があるのか、勤続年数が短すぎないかなどです。

信用情報も重視されます。過去のカードローンの利用履歴や現在は利用があるか、あればどれくらい借入しているかなどが調べられます。ここで、延滞などの情報があれば落ちてしまうでしょう。

また、カードローンの審査では勤務先に連絡をして在籍確認をとりますが、確認がとれなかった場合も審査に落ちる可能性があります。これらのことを見直して、何か心当たりがあればそれが落ちた理由と考えられます。

このページの先頭へ