転職したばかりだと審査に通りにくい

何らかの理由で転職する人がいますが、転職して間もなくカードローンを利用したいと考えた時、審査には通るのでしょうか。現在の職場にはまだ数日しか行っていないとなると、ローンの審査は不利のように感じます。

カードローンの審査では、安定した収入があるか、この人にお金を貸しても返済してくれるかが重視されます。転職したばかりである、それも頻繁に職を変わっているという場合は不利になるでしょう。

安定した収入が見込めないと判断されるのです。前職に1年以上就いていた、融資希望額が少額であるといった場合は、転職したばかりでも審査に通る可能性はあります。

転職したばかりでカードローンの審査に通るには

転職したばかりだと不利なのはわかっていても、お金が必要になったらカードローンを利用したいと考えるものです。そんな時に審査に通るポイントを挙げておきますので、参考にしましょう。

まず、高額融資を申し込まない(10万円前後にする)、半年程度の勤務実績を作る、他に借入があるのならその支払いを遅れないようにする、給与振込や公共料金の支払いなどで利用している銀行のカードローンを申し込む、給与明細などを追加で提出するといったことがあります。

申し込み時点での給与がわかるものが良いでしょう。前職もあまり長く勤めていない、新しいところもまだ数か月だという場合は、もう少し後になってからカードローンを申し込む方が良いかもしれません。

このページの先頭へ